2016年09月01日

「10連勝で達成率は96%へ」将棋ウォーズ2段に初めて勝った棋譜

しばらくぶりの更新。

いろいろ書きたい事はありましたが、将棋学習に時間を割いていました。

その間の出来事といえば、実践と詰将棋、そして定跡学習。

石田流の勉強を始めたのですが、相振りまで網羅すると、

時間が足りないので一旦中止し、先手は中飛車一本で上達を目指すことにした。

後は後手番の戦法をいろいろ試したり、一番大きかったのは24で

上級の方と指して、もう少しで勝ちそうになったことくらいでしょうか

その倶楽部24は、最近は指していなかったのですが、また指し始めました

ちなみに今回の棋譜はウォーズで指した時のものです。10連勝目くらいで

2段の方に当たり、初めて勝ちました。戦型は先手5筋位取り中飛車で

対居飛車。駒がきれいにさばけたところで投了されました。

少しずつですが棋力上昇を感じてきていています。それと、

低級を脱出したら忘れないうちに、記事にしようかと考えています。

脱出について参考になることが書けるようにしたいですね。


棋譜

棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:管理人
後手:8

▲5六歩 △8四歩 ▲7六歩 △8五歩 ▲7七角 △6二銀
▲5八飛 △5二金右 ▲6八銀 △3四歩 ▲5五歩 △4二玉
▲4八玉 △3二玉 ▲3八玉 △6四歩 ▲5七銀 △6三銀
▲5六銀 △4四歩 ▲2八玉 △4二銀 ▲3八銀 △4三銀
▲7八飛 △3三角 ▲6八角 △5四歩 ▲同 歩 △同銀左
▲5五歩 △4三銀 ▲7五歩 △9四歩 ▲5八金左 △7二飛
▲5七角 △8二飛 ▲7六飛 △5四歩 ▲同 歩 △同銀左
▲5五歩 △6五銀 ▲同 銀 △同 歩 ▲7七桂 △7八銀
▲6五桂 △8七銀不成▲5六飛 △4五歩 ▲5四銀 △同 銀
▲同 歩 △5五歩 ▲3六飛 △6四銀 ▲5三歩成 △同 銀
▲同桂成 △同 金 ▲3四飛 △4三玉 ▲8三歩 △同 飛
▲3三飛成 △同 玉 ▲6五角 △8二飛 ▲2一角成 △3二金
▲2五桂 △4二玉 ▲3五角 △4三桂 ▲3三銀 △同 金
▲同桂成 △5二玉 ▲4三成桂 △同 金 ▲6四桂 △6三玉
▲4三馬
まで85手で先手の勝ち











11手目、ここで位取り。23手目、片美濃囲い。28手目、中盤戦へ。

36手目、袖飛車。37手目、角の転換。44手目、飛車は引けないので取る。

47手目、左桂の活用。59手目、成り捨て。同銀。同桂成。同金に34飛。

66手目、飛車の頭を叩いてから飛車を切る。同桂は王手飛車なので同玉。

71手目、馬を作ってから寄せに行く。75手目、角の働きが悪いので活用。

77手目、両取り?同金。同桂成。玉が逃げたので43成桂。同金に64桂打ち。

43馬と金を取ったところで投了されました。

スポンサードリンク
posted by purupuru at 14:15 | 中飛車
2016年08月09日

「43戦法対早めの24歩急戦」カウンターの後両王手から詰み

5手詰めハンドブック2は終わりました。詰将棋の手数を伸ばしたいが、

級位者レベルでは5手、7手を早く解ける方が勝ちやすいと思うので、

しばらくは7手詰将棋、7手詰めハンドブック、ひふみんの5手詰めを

3週目まで消化してから手数を伸ばそうと考えています。後は必至も、

さて、本譜は43戦法。後手番戦法の幅を広げる目的で指しています。

そこで、気づいたのが早めに24歩とついてくる人が多いことです。

角交換振り飛車を知っている居飛車党はあまり指さないですが、

どこも級位者では多いですね。もちろんカウンターは用意しています。

駒得から大駒を抑えこんで、飛車を打ち下ろす。寄せに入ってから、

相手の方が攻め合いに来たので、両王手から3手詰め。

居玉から手数をかけて攻めてきたのが、終盤で響いた感じでしょうか。


棋譜

棋戦:将棋ウォーズ(10切)
持ち時間:10分切れ負け
先手:y
後手:管理人

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4二飛 ▲2五歩 △6二玉
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8八角成 ▲同 銀 △3三角
▲2一飛成 △8八角成 ▲7七角 △同 馬 ▲同 桂 △8八角
▲7八金 △9九角成 ▲3三角 △3二飛 ▲1一角成 △2二銀打
▲1二馬 △2三歩 ▲3二龍 △同 金 ▲4五桂 △5四香
▲4八銀 △8九馬 ▲6八金 △7九馬 ▲3三香 △8八飛
▲5八金上 △8九飛成 ▲3二香成 △6八馬 ▲同 玉 △6九金
まで42手で後手の勝ち











3手目、居飛車。4手目、途中下車。6手目、居玉は避けよ。7手目、

居飛車早めの24歩。同歩、同飛、88角成。同銀に33角。

21飛車成に88角成で駒得。18手目、桂、香を拾いに行く。

22手目、角に当てる。24手目、閉じ込める。26手目、念には念を。

飛車取りには金で取って、桂馬打ちが来たのでちょっと考える。

ちょっと良くない筋が見えたので、56香としたが、

金で受けても良かったかも。相手の方が壁を作ったので、

寄せに行く。34手目、ここから攻め合い。

42手目で詰みました。

スポンサードリンク
posted by purupuru at 22:50 | 三間飛車